ダーツイップスの治療でおすすめの整体院2つ

ダーツを毎日練習するというのは上達をする上で非常に重要なことなんですけど、

ダーツを練習し続けられるように体のメンテナンスをしっかり行うというのも非常に重要です。

 

JAPANやPerfectのツアーをみに行ったりしていると、

トッププロなんかは試合のない時間は結構ストレッチを行っています。

 

それだけ、体のケアに関しては気をつける必要があります。

 

ストレッチをやることによって、

筋肉が柔らかくなります。

 

逆に、ストレッチをしないでどんどん練習を行うと、

体の筋肉はどんどん硬くなっていきます。

 

硬くなったまま放置して練習を行い続けると、

体はどんどん不調になっていき、

最終的に故障します。

 

これがひどい症状になると、

イップスという症状になってしまいます。

 

野球選手のイチローが現役時代にほぼケガをせずに試合に出場できたのは、

イチロー選手はとにかくストレッチにものすごく時間をつかっていたということも言われています。

 

それくらい、体のストレッチというのは重要なことです。

 

現在自分はこの体のケアをしなかったことにより、

ダーツがうまく投げることができない体になってしまいました。

 

現在はなんとか体を直すべく、少しづつ取り組んでおります。

 

そんな中、

過去に体を直そうと思いいくつかの整体の治療院に行ったことがあります。

 

整体って一般的に思い浮かぶのはマッサージとかで、

体が眠くなるとか、心地いい的なところが多いんです。

 

ただ、自分がこれから紹介する治療院は、

 

 

基本的にめっちゃ痛いです。

 

 

ただ、効果は抜群にあります。

 

ダーツに限らず、

普段の生活や他のスポーツにも効果があります。

 

自分が過去に行った治療院に関してご紹介しようと思います。

 

たねだ治療院

東京都都立大学駅の鍼灸 美容鍼灸 指圧・マッサージ スポーツ鍼院、たねだ治療院です。頭痛・偏頭痛 首こり 腰痛 たるみ(リフトアップ) しわ・ほうれい線なら当院へ。...

 

目黒区都立大にある治療院です。

ここは自分が人生で初めて行った治療院です。

 

このたねだ治療院さんは昔してた仕事で付き合いがあったのがきっかけでした。

 

初めてここに行ったのはその当時働いていたところを辞めたあとでしたが、

ものすごくよくしていただきました。

 

ただ、ここの治療院が通称「ドS治療院」と呼ばれるくらいすごく痛いです。

ここの治療はカイロプラクティック、

体の歪みとかを矯正するような施術を行います。

 

なので、身体中の骨がボキボキなります。

それはもう「こんなになるの!?」って思えるくらい。

 

また、カイロプラクティック以外にも指圧やマッサージもしてくれます。

 

実際にここに行った自分の友達や当時の会社の社長は腰が悪かったんですけど、

ここで治療を受けたあとに腰の痛みがかなり消えたと言ってました。

しかも一回で。

 

たねださんは人間の体の構造に関してとても精通していて、

聞いたことに関してはほぼ答えてくれます。

 

そのため、自宅でできるストレッチの方法なんかも

親切に教えてくれます。

 

実際、1度の施術で痛みはかなりありますが、

体を直したいならかなりおすすめの治療院です。

たなごころ治療院

年中ほぼ無休で土日祝日休みなし、平日は23時最終受付でご予約優先。全国各地から他では治らない方が沢山来院されています。関節可動域の改善、スポーツでのパフォーマ...

 

葛飾区金町にある治療院です。

こちらもたねださんと同じように、痛い系の治療院です。

 

この治療院はメインは指圧で治療を行い、

必要に応じて鍼治療もやってくれます。

 

そこで、ここでは筋肉の凝っている部分を押して、

グリグリほぐしていくんですが、

 

 

このグリグリが本当に痛い。

 

 

特にダーツを投げる自分としては、

体の右半身がもうずーっと痛かったです。

首の筋肉から始まって、

肩、腕、手首、親指のあたり、足の付け根まで。

 

ダーツを投げるのは上半身だけで行いますが、

体は構造上繋がっているため、

当然足にも影響が及びます。

 

施術を担当してくれた方いわく、

自分の体があまりにもかちこちだったため、

こりが取り放題だと言ってました笑

 

ただ、基本的には施術中は気持ちいいと感じることはほぼないです。

ずーっと痛いです。1−2分の休憩はありますが。

 

筋肉の凝りに関して改めて調べてみると、

下記の内容が見つかりました。

筋肉の張り(凝り)は血流の停滞(血行不良)です。

少し難しい話になりますが、血行不良が起きることで、
その場に酸素が運ばれにくくなり、
疲労物質である乳酸が蓄積しやすくなります。

筋肉は酸素が少なくなると硬くなる性質があります。

筋肉が固くなれば、更に血行不良が進み、
乳酸がたまり、、、と悪循環に陥ります。

それが長期間続くと筋肉の張り(凝り)の完成となります。

引用元:肩や腰の凝りって?~基本的なしくみを理解しよう~

 

それで、筋肉というのはちょっとやそっとの刺激だと全然効果がないらしいです。

たねださんもたなごころさんも痛みが伴う施術をしますが、

どちらも筋肉を刺激するために必要な強さで行っています。

 

肩こりの治療で低周波治療器なんかも使いますが、

あれもちょっとしびれるなーくらいでやっても全然意味ないです。

 

10段階中の7−8くらいでやって、

体が勝手に大きく動くくらいの刺激でやらないと、

筋肉に刺激は与えられないとのことでした。

 

ここも本来は月一ペースとかで行く必要があるので、

近いうちに行こうと考えてます。

 

治療を受けるなら痛い治療を受けた方が今後のためにいい

というわけで、自分が今までに経験した治療院を2つ紹介しました。

 

痛い治療はちょっと・・・っと思う気持ちは非常にわかります。

だって痛いし。

 

でも、施術されて痛いということは、

実際に体に不具合が起きている証拠です。

 

足つぼマッサージでいいところは強く押されても痛くないのに、

悪いところは押されるとめっちゃ痛いのと同じような感じです。

 

マッサージを受けに行くということであれば、

駅前とかにあるマッサージ屋さんで施術を受ければいいと思いますが、

体を直したいということであれば、

ぜひ今回紹介した治療院をおすすめします。

 

少なくとも受けてすぐは体の調子が上がるのでおすすめです。

痛いけど。

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です