ダーツのフライトについて

どうも、はやゆーです。今回はダーツのフライトに関して少し書かせていただこうと思います。

ダーツのセッティングを行う中で、フライトはダーツの飛びを左右する重要なポイントなので、参考にしていただければ幸いです。

現在使用しているフライト

フライトの種類ってたくさんあるんですけど、ほんとうに人によって多種多様なもにを使っていると思います。僕も過去に色々なフライトを試してきましたが、なんだかんだで今はLスタイルのアストラシェイプを使っています。あまり使っている人は多くないと思います。

 

僕は最初スタンダードのフライトを使用していました。始めたばかりは大抵スタンダードを勧められますし、スタンダードフライトって、色々なデザインがあるんで、選ぶのが楽しいんですよね。僕はサッカーを観戦するのが好きなので、当時はバルセロナのデザインのフライトを使いました。

初めて間もない頃は、デザインがたくさんあるスタンダードや、それよりも少し小さいシェイプを使うのがおすすめです。

ただ、ある程度ダーツをやって来ると、上手くなりたい、強くなりたいという気持ちが出て来るので、僕は途中からデザインはもう半ばどうでも良くなってきましたw

なので、Lスタイルからでている、フライトがたくさん入っているボックスを購入して、それで練習をするようになりました。デザインというのは全くなく、ただの白いフライトですが、フライトは消耗品なので、毎回買うのもめんどくさいので、まとめ買いみたいな方法で落ち着きました。このボックスはアストラシェイプもあるので、だいたいそれを買います。

 

あと、白いフライトを使っていると、自分の矢がまっすぐ飛んでいるのか、ぶれながら飛んでいるのかがわかります。逆に黒いフライトを使うと、すごくわかりにくいです。矢飛びを修正したい方は、白いフライトを使用して、自分の飛びを確認するのもありだと思います。

矢が垂れる=スタンダードに変更するは正しい?

始めたばかりの人や、矢に力が伝わりにくい人というのは、矢速がそこまで早くないと思います。そのため、小さいフライトを使用すると、矢速が遅いがために矢が垂れてしまうのではないかということで、空気抵抗が大きいスタンダードフライトのほうがいいという考えになる人が多いと思うのですが、僕の意見としては、スタンダードフライトというのは、空気抵抗が大きい=失速しやすい=ダーツが垂れると思います。

最近ダーツがすごく失速するから、初心に戻ってスタンダードにしてみようかなぁ。。。と思っている方は、あえて小さいフライトを使用してみてください。予想に反して、まっすぐダーツを飛ばすことができると思います。フィットからでているスーパーシェイプや、Lスタイルからでているゼットあたりがおすすめです。

日本のプロダーツプレイヤーのフライト

ちなみに、日本のプロに関していうと、スタンダード、またはシェイプを使用している人がすごく多いと思います。ダーツのプロは、矢の飛ばし方をちゃんと知っているため、ダーツが失速するということがまずないです。そのため、なるべく普通の形であるスタンダード、またはシェイプを使用しているのだと思います。

小さいフライトを使っているプロのプレイヤーというのは、比較的少ないと思います。僕が知ってる中で、小さいフライトを使っているのは、知野真澄プロが使っているスリムくらいかなと思います。あの人のセッティングは、長さが若干短いセイバーというバレルに、短いシャフト、そして小さいフライトと、全体的に小さくまとまっています。矢を投げるというイメージよりは、球を投げているようなイメージなんだと思います。あれはあれでとても理にかなっているセッティングだと思います。

圧倒的な在庫数と品質を誇る国内最大級ダーツショップ【エスダーツ】。ダーツの全てが激安で手に入る!あの有名人やプロプレイヤー、初心者まで利用してます!

海外のプレイヤーは日本に比べて小さいフライトを使用する人が結構いると思います。彼らの試合を見ていると、力が相当強いので、放物線を描くように投げるというよりは、直線的に飛ばしているようなイメージですね。そのため、余計な空気抵抗が加わると投げにくいために、小さいフライトを使っているのではないかなと推測します。

まとめ

フライトは種類も多く、僕も全て試してはいませんが、お店によってはフライトも付け替えて試投するところもあるので、色々試して見て、自分に合うやつを探してみてください。

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です