日本対ドイツ ダーツ国際親善マッチ in 東十条

どうも、はやゆーです。昨日はまさかの寝坊で仕事に遅刻しかけました。朝起きて10分で支度して、走って3分で駅まで行って、ちょうどついた電車に乗ったら、なんとかかなり時間を短縮できました。そして、電車の中でめちゃめちゃ息を切らしましたw

昨日は、今一緒に仕事をしているドイツ人二人と、ダーツをやろうということで前から話していたため、本日行ってきました。実は、今週の火曜日に赤羽のJACKでソフトダーツ をプレーしたんですが、去年行った東十条のコンサートにどうしても行きたいということで、半年ぶりに顔を出しに行きました。前回は僕とドイツ人二人で行きましたが、今回は同じ会社のダーツやる人を一人呼んで、4人で行きました。

 

ダーツ・コンサート (@darts_concert)さんの最新ツイート 京浜東北線東十条駅の南口から徒歩2分。 ハードダーツが4面常設されているダーツバー、『コンサート』の公式ツ...

半年ぶりのハードダーツバー訪問

なんで彼らがここに行きたいと言ったかというと、雰囲気がすごく落ち着いてるんですよ。広すぎず狭すぎず、明るすぎず暗すぎず。また、今回彼らは来日以来ソフトダーツ を投げていたので、今日はハードダーツを投げるということで、ここに来ました。

お店に入ると、ちょうど半年前にプレーしたお客さんたちがいて、「あぁーあの時のー!」みたいな感じになりましたw 実際に、でかい外人引き連れて遊びに行ったので、インパクトはだいぶあったと思いますが。。。w

ダーツを趣味でやっているドイツ人は、前回自分のダーツを持って来ていなかったので、お店に置いてあるダーツを使いましたが、今回は自前のダーツにコンバージョンポイントを使ってプレーをしました。

日本対ドイツ ハードダーツ 親善試合

結論から言うと、ドイツ人めっちゃうまかったです。ハードでもT20に結構さしていて、かつアレンジの際も確実に狙った数字に入れていました。最初はドイツ人と同じ会社の人とやったんですけど、ドイツ人の勝ち。そのあと、お客さんがドイツ人に試合を申し込んで、ドイツ人の勝ち。

そのあと、僕と会社の人対ドイツ人二人の、日本対ドイツ戦を行ったんですけど、それも負けました。。。

そのあと、別のお客さんと組んで日本対ドイツの交流戦を行いましたが、お互いにダブルアウトがなかなかできなくて、結構苦戦しましたが、最後の最後は僕がD5でダブルアウトし、勝利で終えることができました。それが理由かどうかは定かではないですが、今回のダーツバー代はおごってくれました。

去年の夏は夜中の3時くらいまでドイツ人は飲んでましたが、今回はホテルが遠いため、終電で帰りました。正味2時間くらいで帰ったので、もう2時間くらい投げたかったと言ってましたが、さすがに電車なくなっちゃうとあれなので、解散としました。

ハードダーツ の面白さを知ってもらう

今回同じ会社の人はソフトダーツ しかやってなくて、ハードダーツ は初めてということだったんですけど、かなり楽しんでました。ただ、点数の計算が結構苦労してました。ギャラリーのお客さんが、アドバイスでアレンジをポンポン言うのに対して、「全然計算できないw」って言いながら投げてました。

計算は慣れないといけないですけど、これからはハードダーツもやっていきたいということで、今度他のハードダーツバーに行こうと誘われましたw

ハードダーツ は暗算の練習

ハードダーツ は01しかやらないので、とにかく自分が何点いれたのかを瞬時に計算する必要があります。僕も今でもちょくちょくわからなくなるときありますけど、01をやっていくとだんだん計算に慣れてきます。特にトリプルの数字を把握していれば、どの数字と組み合わせればいいのかというのが大体わかってくるので、まずはトリプルの数字を覚えることが大事かもしれません。

あとは数字が小さくなって来たら、アレンジ云々よりも、まずT60入れた後に何点残るのか、そしてその後になにを狙えばよいのか、という考えで投げると、僕は色々考えやすいです。

まとめ

半年ぶりにコンサートに訪問しましたが、本当にいいお店でした。兎にも角にも僕もハードも好きなので、また機会があったら投げたいと思います。

ていうか、コンサートは居心地がいいので、ハードのお店としてちょくちょく訪問しようと思います。

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です