SUPER DARTS 2018 1日目

お疲れさまです。

今日は待ちに待ったSUPER DARTS 2018の開催日でしたね!僕は今日休みが取れなかったので、家に帰ってから見始めたんですけど、案の定数試合はすでに終わっていたので、「なんで土日にやってくれないの。。。」って気持ちになりました。

ただ、途中から観てもすごく面白い試合が沢山観れたので、その点はすごくよかったです。今回は僕が観た試合の感想を書こうと思います。

ポール・リム対榎股慎吾

僕が家に帰ってきたときは、ポール・リム対榎股慎吾の試合がやっていたので、早速観戦を始めました。

どちらの選手もものすごいいい試合をしてたんですけど、やはり大舞台の経験の差もあったのか、ポール・リム選手が勝ちましたね。どちらもすごく落ち着いて投げてたんですけど、ポール・リムのほうが一枚上手だったように気がします。

あと、試合が終わった後のやりとりが、榎股選手がすごく仲良さそうにしてたんですけど、この二人ってそんなに面識あったんでしょうか?たまたま?

荏隈秀一対ロイデン・ラム

僕が好きな荏隈選手の試合だったので、注目して観てました。ロイデン・ラム選手もワールドでは信じられない強さでダーツをやってますね。

最初の試合は荏隈選手が落としてしまったんですけど、その後はいつもJAPANで戦ってるように、非常に落ち着いて投げていて、安定して勝ち星を取っていき、勝ち抜けしました。

こういうでっかい大会に出るのはおそらく初めてだと思うんですけど、それでもあそこまで落ち着いて投げられるのは本当にすごいと思いました。次の試合はボリスなので、ダーツの投げるタイミングが正反対の二人ですね。

明日の試合は非常に楽しみです。

タン・ジェンミン対ボリス・カリチュマー

ボリス選手は知ってたんですけど、タン・ジェンミン選手は初めてお目にかかりました。マレーシアの選手なんですね。

ボリス選手は間髪入れずにぽんぽん投げる選手ですが、タン・ジェンミン選手は、ちゃんとセットアップして、狙いを定めてしっかり投げるという正反対な選手でした。早く投げる選手からしたら、ゆっくり投げる選手とやるのはやりにくいでしょうね。自分のペースがかなり崩れるので。

それが起因してるのかどうかはわからないですけど、このゲームはフルレグまでもつれ込んで、最終的にボリス選手が勝ちました。ボリス選手としては、前回のスーパーダーツで1回戦負けだったので、背水の陣だったと思います。ただ、ここまで試合がもつれ込んだら、タン・ジェンミン選手が勝ち越して、台風の目になってほしかったなという気持ちもありましたがw

浅田斉吾対ハリス・リム

これは、悪い意味で今回のダーツの試合のハイライトになるじゃないでしょうか。僕は正直、今回の浅田選手にはかなり期待していました。PERFECTであれだけ連勝していて、Unicornとも契約をして、ハードダーツの大会にもガンガンでていたので、今回のSUPER DARTSでも優勝してくれんじゃないかと思ってました。

ただ、前半から調子が悪そうだなとは思ってました。普段はフェニックスの筐体を使っている人が盤面が光るボードで試合を行うと目が疲れると思いますし、ましてやメガネかけてるから照明が反射していたと思います。

ただ、4レグ目のゼロワンで、盤面が見にくいとか、目がつかれたとかなにかあったかもしれないですけど、審判になにか意見をしていましたね。みんな同じ環境で試合をしているため、もちろん認められず。

結局、そのあとは完全に集中が切れて、全然ブルに入らず、試合に負けることがほぼ確定になった途端、最後のダーツをかなり投げやりに投げていました。あんなことされたら、対戦相手としては相当感じ悪かったと思いますよ。でも、ハリス・リム選手はものすごく紳士な立ち振舞をされていました。

案の定、中継していたYouTubeではコメントが滝のように流れ、10割が浅田選手の批判コメントで埋め尽くされました。ああいうことを公共の門前でやってしまうと、高いお金を払って見に来てくれたお客さんに対しても失礼ですし、ファンも失いかねないような失態だと思います。

おそらく、今回の一件でスポンサーからなにかしらの注意を受けるかもしれないですが、今後はこのようなことはないようにして、人を魅了するようなダーツをしてほしいと思いました。

アレックス・レイズ対フィル・テイラー

この試合を観たいがために最後まで中継を観ていたと言っても過言ではありません。ダーツ界伝説の男フィル・テイラーがSUPER DARTSにでるということで、決まったときからすごくわくわくしていました。

いざ試合が始まってみると、フィルおじさんが初っ端からブラックかましてて、この人引退したとは、まだまだ第一線で活躍できると思いましたw

ただ、相手のアレックス選手も相当強かったです。最後の試合に関しては、「これ決勝?」って思うくらいかなりレベルが高い試合でした。その前の試合のがっかり感を忘れるくらい非常に内容の濃い試合だったと思います。

個人的にはアレックス選手も残ってほしかったんですけど、勝負事ゆえ、そういうわけにいかないですね。ただ、最後の試合は本当に白熱した試合だったと思います。

まとめ

今回のSUPER DARTSは最初から見れなかったのがすごく残念でしたけど、途中からでもものすごくいい試合を観ることができました。会場にいる人が本当に羨ましいと思いました。

明日の試合も、おそらく途中から観ることになるとは思いますが、なるべく早く家に帰って、少しでも多く試合を観ようと思います。

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です