PERFECT開幕戦 浅田斉吾選手優勝

どうも、はやゆーです。

昨日からPEFRCTが開幕しましたね。僕はJAPANの試合よりもPERFECTの試合のほうが好きなので、時間があるときはリアルタイムで観るようにしています。プロの試合を観ると、どのように投げているのか、どのように攻めていくのかなどの研究ができるので、勉強になります。

開幕戦は浅田斉吾選手が優勝

今回優勝したのは、「ロボ」の相性でお馴染みの浅田斉吾選手でした。本当に強いですね。2015年に初めて年間チャンピオンになってから、3年連続で年間チャンピオンです。この人のダーツの強さは次元が違います。日本でこの人よりうまい人はいないんじゃないかと思うくらいです。

今、日本のダーツ界で最も強い選手は? と聞かれたら「浅田斉吾(あさだせいご)」選手の名前を上げる人は多いでしょう。 2012年のPerfect年間ランキング3位から5年連続...

TRINIDADからUnicornへ移籍

浅田選手は去年までTRINIDADに所属していました。ロペスというバレルが浅田選手のモデルのバレルで、今まで4まで出ています。

ところが、今年の1月に浅田選手がUnicornというイギリスのバレルメーカーに移籍というニュースが流れ、僕は衝撃を受けました。ついに日本人がUnicorn所属になるのかと。

Unicornはハードダーツ のバレルで非常に有名で、様々なハードダーツ プレイヤーがここのモデルを使用しています。実際に浅田選手は近年ハードダーツでも実績を残していて、PDCというイギリスのハードダーツ の一番大きな大会にも出場しているため、オファーがあったのだと思います。

本人はTRINIDADに残りたいという気持ちもあったようなのですが、条件面の都合等もあり、移籍となったようです。

詳細はTRINIDAD社長のT.Bさんのブログに記載があるので、ご参照ください。

沢山の方から 浅田斉吾がunicorn入りした経緯や 円満に行ったのか等々 関心深く質問をされたので もう少し踏み込んで書きます ここ5年の浅田斉吾の活躍は…

浅田選手もイップスを経験していた?

僕は浅田選手のツイッターもフォローしているんですけど、実は浅田選手も一度イップスを経験したというツイートをされていました。具体的にいつからイップスになった等は言及されていませんでしたが、いつ頃なのか気になります。また、どのように克服されたのかもきになるので、いつか教えて頂きたいです。

 

浅田選手の今の投げ方ってすごく独特なんですけど、過去の映像観ると、結構違うんですよね。それを観る限り、イップスを克服するにあたって今までの投げ方ではなく、新しい投げ方というのを模索していたのかなぁとも思います。

この当時は星野光正選手が最強の時代でしたね。数年間年間チャンピオンを維持していました。

この浅田選手を観てみると、テイクバックがまったくないですね。これをみると、テイクバックはそこまで過剰に執着しなくてもいいような気がしてきました。

まとめ

今年ものっけからものすごい強さを証明して優勝しましたが、今年もこのペースで年間チャンピオンを目指して頂きたいです。また、今年はスーパーダーツもあるので、ぜひとも活躍して欲しいですね。

余談ですが、試合を観ていた時に、浅田プロとスポンサードされていない選手が試合しているのを一瞬映されていて、その試合が5レグまでいってました。

無名の選手が浅田選手をフルレグまで持ち込んだということは、かなりの実力者なのではないでしょうか。。。

今後、その彼が活躍するのをみるのも、そう遠くないような気がします。

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です