ダーツ祭に向けてダーツユニフォームを作ろう

どうも、はやゆーです。

この度、東京ビッグサイトで開催される日本ダーツ祭に参加することになりました。

ダーツ祭とは、東京ビッグサイトで2日間開催されるイベントで、色んなダーツのお店が集まり、大きい大会が開催され、日本中だけでなく世界からもお客さんが集まる年間を通して一番大きなイベントです。

このイベントは2016年から開催していて、今年で第3回目です。第1回目の時からTHE WORLDのEXTRA STAGEが開催され、PERFECTに所属している選手も出場し、このときは小野恵太選手が優勝し、話題となりました。

このときはボリス選手と対戦し、5レグまでもつれたんですけど、コークで負けて相手が先攻を取ったのに対し、クリケットではなく01を選択して、会場がざわついてましたね。なにがすごいって、後攻で01という不利な状況の中勝って優勝するというなんともドラマティックな内容であったのはいまでも鮮明に覚えています。

ダーツユニフォームを作ろう

で、今回ダーツ祭で開催されるアマチュアの試合に参加することになったため、せっかくだからダーツユニフォームを作ろうということになりました。

ダーツの大会には以前から何回か出場していたので、その際は昔デザインしてもらったロゴをワッペンにして、それを簡易的にシャツに貼って出場していたんですけど、今回はちゃんとした所で作ろうということになり、この企画が持ち上がりました。

友達と本件に関して話していく中で、最初下記のユニフォーム屋さんを検討しました。

その1「SHADE」

 

ここの特徴は、ダーツユニフォームのデザインがテンプレートで結構な数用意されていて、そのデザインに基づいて自分で配色を決めることができるということです。

一からデザインをしたいという方にそこまで魅力的ではないかもしれませんが、デザインする人がいないとか、あるデザインから選んで作りたいという方は、とてもお薦めだと思います。

そして、次に検討したのがこのダーツユニフォーム屋さんです。

その2「GSD」

GSD製オーダーメイド・ユニフォームの制作をご検討いただき、ありがとうございます。 オリジナルユニフォームの制作についてのまとめページです。ダーツユニフォーム…

 

ここのユニフォーム屋さんは、一からデザインを作ることが可能です。つまり、自分で手書きで提出するもありですし、イラストレーターみたいなソフトで描くというのもありです。

また、ユニフォームの印刷技術に「昇華印刷」という技術を使用しております。この方法を使用すると、印刷をする際に記事に色を浸透させるように印刷をおこなうため、印刷面が浮き出たような感じにはならないそうです。

フットサルユニフォーム・サッカーユニフォーム作成のサイタスです。昇華プリントについてご説明しているページです。

 

自分たちでデザインできるというのであれば、こちらで作るほうが個性が出ると思います。

最終結論

色々と検討した結果、今回我々はGSDさんでユニフォームの作成を依頼することに決めました。正直、我々が作るユニフォームであれば、変な話他社さんでも作れるとは思うんですけど、今回のユニフォームを作るにあたり、GSDさんの担当者の方と何回も直接メールでやり取りをして、しっかりと対応をして頂いたからです。

GSDさんで依頼するし、一からデザインするか―ということになり、前にチームロゴを作ってくれたアメリカ人の友達に問い合わせたところ、「やってあげるよ!」と言われたのでお願いする事になりました。しかし、待てども暮らせど一向に連絡はなかったので、取り急ぎロゴデータだけもらって、自分でphotoshopで出来る限り作ってみようと思います。

photoshopはほぼ素人なので、うまくできるかどうかはわかりませんが、今週末までには仕上げられるように頑張ります。。。

まとめ

というわけで、次の大会はなんちゃってユニフォームではなく、ちゃんとロゴが印刷されたユニフォームで試合に出る予定です。今まで全然試合で勝てたことがないので、今回こそはロビン抜けまでは行きたいと思います!

ダーツ祭以外でも、今後リーグ戦とか、その他の大会に出られる方は、こういうユニフォームをチームで作るとモチベーションが上がっていいと思います。リーグに参加していた時も、結構な確率で自分たちでユニフォーム作ってましたし。

もし興味がある方は、ぜひ検討してみてください。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です