JAPANとPERFECTの01について

お疲れさまです。

世間はゴールデンウィークで湧いていますが、僕は期間中ずっと仕事でございます。朝のワイドショーなんかではゴールデンウィークのおすすめレジャー情報みたいなのを放送していますが、それを観てから仕事に行くので、なんとなく悲しい気分になりますw

JAPANとPERFECTの01の違い

ところで、ダーツにはJAPANとPERFECTという二種類の団体があるんですけど、それぞれ試合の方式が異なります。厳密に言うと、それぞれの団体で行う01の試合の方法が違います。

PERFECTの01は、501のセパレートブルでダブルアウトの方式で行われ、ハードダーツでの01の方式と同じです。

一方で、JAPANの01の方式は2種類あり、奇数回の大会はファットブルの701でマスターアウト、偶数回の大会はセパレートブルの701でマスターアウトです。

PERFECTの01は501なので、結構テンポよく進みます。また、501だと9ダーツトライアルもあるので、そちらの面白みもあります。

JAPANのファットブルの701はブルで点数を削っていくので、観ていてもハットトリックの打ち合いで、いかにもソフトダーツの試合という感じで観ていて面白いです。

セパレートブルの701に関して

ただ、セパレートブルの701って個人的にはあまり好きではありません。僕は結構ダーツの試合を観るんですけど、ネットに上がっている動画に関して言うと、JAPANのセパレートブルの試合に関してはあまり観ていません。それは下記の理由のためです。

701のセパブルは長い

セパレートブルの701を観ていると、途中で中だるみするんですよね。プロの試合だからあまり多くはないですけど、T20外したら1と5なので、結構点数減らないんですよ。で、501よりも200点も多いので、必然的にラウンド数も多いです。

しかもセパレートブルなのにマスターアウトっていうのもなんか変な感じがします。セパレートブルでやるんであればダブルアウトでやってほしいなという気持ちになります。ていうかセパレートでやるなら501でやってよと思います。

701だと501みたいに9ダーツというのもないですし、なんか色々中途半端に感じます。

ダーツマシンの効果音が微妙

それと、ダーツマシンの効果音も盛り上がりに欠けるような気もします。

フェニックスのダーツマシンでは、T20に刺さったら「ドーン!!」とだいぶ派手な音がなるんですけど、ダーツライブでは「テュテュテュン!」ていう音がなるので、それも観ているとなんだかなーと思ってしまいます。

ダーツライブでもでかい数字に関してはもっと派手な音に変えたらいいのになーと思うんですけど、ライバル会社と同じような仕様にするというのはまずないでしょうね。

個人的要望

ファットブルもセパレートブルもどちらも面白いんですけど、JAPANはセパブルの01をやるんであれば、できれば501ダブルアウトでやってほしいです。それかもうファットブルで統一してもらったほうが嬉しいな。。。

こんなこと書いてもなにかが変わるわけでもないんで、特に有益な内容ではないんですけど、こないだJAPANの試合を観ていたときにふと思ったので書いてみました。次はもう少し内容に中身のある記事を書けるように頑張ります。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です