動画で自分のスロー動画を確認

お疲れさまです。

金曜日に、漫画喫茶で3時間みっちりダーツを投げてきました。前回店で練習をしたのは2月25日だったので、一週間ぶりです。結論からいうと、

 

 

 

 

最低な内容でした。

 

 

 

 

あれだけ家で色々対策を考えながらダーツをしていたのに、こんなにもできないのかと、泣きたくなるような結果でした。下の写真がそのときの内容です。

ご覧の通り、ハットトリックが先月とくらべて2回しか出ていません。ちなみに、三月の結果の隣に書いてある二月の結果に関しては、二月は一回しか行けていないので、1日だけの成果です。
これと比べると、結果が良くないかが一目瞭然です。

自分のダーツスロー動画を撮影して確認

今回はお店で投げたときにお客さんが他に誰もいなかったので、携帯で自分がダーツを投げてる動画を撮影しました。家だと狭いので、自分のフォームは確認できても、ダーツの軌道までは撮影できないので、広いお店で撮影しました。

昔は自分の動画を観るのって嫌いだったんですけど、ダーツを投げる動画に関しては己の研究になるので、唯一観ることができます。
自分の動画を確認してみてわかったことは、昔と比べると、ダーツを投げる際にためを作れているということです。ただ、テイクバックに関しては、相変わらず腕を引けてませんでした。
自分では結構目一杯引いてるつもりでも、いざ動画を確認してみると、ほんのちょっとだけみたいな。
これはもうテイクバックをきっちりするというのを諦めて、違うフォームとして投げるべきなのか…という葛藤をしています。
昨日のダーツを改めて振り返ってみると、ダーツがとにかくブルよりも下に刺さっていました。
下に刺さるということは、下記の原因が考えられます。

 

1. 腕に力が入りすぎている。
2. ダーツを手から離すのが遅い

 

恐らく、僕は両方やっていると思います。

スタンスに関して考え直す?

そこで、テイクバックができないというのを書いたときに、以前イップス論でお馴染みの五十嵐さんが書いているブログを紹介したんですけど、

これに加えて、再びイップス関係の内容をネットで探してみると、下記の記事を見つけました。

ハロー昨日リーグ終わりに「めっちゃなで肩やん!逆やな~」と大爆笑されたKikiです。なで肩は今まで何度も言われてきたけど、逆Yははじめてでした。逆Yってなんや…

 

これをみると、そもそも足がちゃんと投げられる状態じゃないんじゃないかと思えてきました。
僕は今までオープンスタンスだったんですけど、そこをクローズドスタンスに変更して投げてみることにしました。
しかし、僕にはこれは窮屈すぎて、とても投げられるもんではありませんでした。

ただ、こちらを書いた方みたいに、スタンスを変更して、テイクバックの位置を見直すというのも有効な手段かと思います。

まとめ

というわけで、金曜日の練習は全然納得がいかないまま、3時間が経過してしまい、僕の練習は終了しました。かなり自分のダーツに自信をなくしてきているんですけど、ここまでどっぷり使った趣味をやめたくないので、なんとか新たな突破口を探そうと思います。

また、土日で友達と練習したり、アドバイスをもらったので、それに関しては次回書こうと思います。

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です