マンガ喫茶 or ダーツバー?

どうも、はやゆーです。
ソフトダーツを練習する際、みなさんはどういうところで練習することが多いでしょうか。一人で黙々と練習したい人、お酒を飲みながらワイワイやりたい人、仲間を増やしたい人、オンラインで対戦したい人。いろんな方がいらっしゃると思いますが、今回はそういうテーマで書かせて頂こうと思います。

マンガ喫茶でプレー

最近のマンガ喫茶では、大きいところに行けば大体ダーツマシンがあると思います。ダーツライブかフェニックスどっちかのところもあれば、両方置いてあるところもたくさんあります。快活クラブなんかは両方あるというイメージがあります。

メリット

マンガ喫茶でダーツをプレーするメリットは、なんといっても投げ放題のプランがあるということです。通常ダーツで何かしらのゲームをやろうとすると、基本的に100円チャリンです。10回カウントアップやったら1000円になるので、ばかになりません。僕はマンガ喫茶行くと、3時間パックで30-40ゲームくらいカウントアップやるので、そう考えると非常にお得です。

デメリット

これは人によっては全然デメリットではないかもしれないですけど、出会いはほぼないです。マンガ喫茶でいつもいる人とかに声かけて試合するっていうのはたまーにありますけど、基本的にないと思います。
あとは、場所によってはクソうるさいところがあります。学生がウェーイ!なんて団体で入店してきて、隣の台についたらかなり気が散るかもしれませんw

ダーツバーでプレー

ダーツバーって結構いろんなところにあります。地方だとわからないですけど、ダーツがあるマンガ喫茶よりもお店の数は多いと思います。(間違ってたらごめんなさい)
なので、お店によってそれぞれ個性があるので、ダーツバー巡りが好きって人も結構いると思います。

メリット

ダーツバーでやるメリットは、いろんな人と対戦ができるところですね。対戦自体はグローバルマッチで出来ますけど、オンラインで試合をするのと、その場で試合をするのは全くの別物だと思うので、非常にいい経験を積めると思います。
また、上手な人がたくさんいるので、その人がなんでうまいのかを研究することが出来ます。時にはアドバイスをくれたりというのもあるので、とてもいい環境だと思います。

デメリット

ダーツバーは基本100円チャリンなのと、チャージとドリンク代が発生するため、結構コストがかかります。場所によっては一杯飲んで何ゲームかダーツやったら、マンガ喫茶の投げ放題パック入れるくらいの金額になったりもします。
ただ、お店によってはチャージなしのところとか、投げ放題を実施しているお店なんかもあるので、探せば色々あると思います。
あとは、ダーツバーってなんか近寄りがたい雰囲気ありますよね。なので、一人で行くのはちょっと勇気がいるというか。また、お店によっては内輪ノリが強いところもあるので、そういうところを最初に何件か行っちゃうと、「もうダーツバーなんて二度と行かない!」なんてことにもなりかねません。なので、お店選びが結構大事だったりします。

こんなこと言いながら、実は一人でダーツバーに行くのってあまり得意ではなくて、滅多に行くことはありません。友達と一緒に行くか、仕事で地方に出張に行った時くらいですかね。地方のダーツバーのほうが楽しいかもしれません。
あと。僕はお酒がそもそもあまり好きではないため、ダーツバーに行ってもコーラ飲んでます。お酒飲んじゃうと早く酔っぱらうので、まともに狙えなくなりますw

僕は9体1の割合でマンガ喫茶で投げますけど、ダーツバーが大嫌いというわけではないので、これからはもう少しウ色々なダーツバーに行ってみようと思います。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です