【コスプレ】金糸雀のウィッグセット編

ローゼンメイデンの金糸雀ってめちゃくちゃ可愛くないですか?

ちょっとお馬鹿な策士であり意外と年上、意外と強い、でも見た目は末っ子レベル。好きです。コスプレしよう。

 

ってことで、衣装は中古販売店で購入しました。衣装・キャラウィッグがセットで確か8,000円くらい。

ただキャラウィッグといっても普通のくるくるカールでツインテールしてあるだけだったので、それは金糸雀ではない!と思い手を加えることに。今回はその一部始終をお届けしたいと思います。※長めです。

【ツインドリルを水溶きボンドで作ってみた】

普通のカールで作るよりもツインドリルでガッチガチの方がイメージに近いかな・・・?と思ったので「ツインドリル ウィッグ 作り方」で検索。

いくつかやり方がでてくるので、完成形を見比べて個人的に良いなあと思った水溶きボンドと針金を使う方法でチャレンジしていきます。

まず最初にほぐします。

購入した当初の写真を撮ってないですが(え・・)生ゴムで結ってあったので、ハサミで切り髪をおろしました。

くりんくりんしているカールは必要ないのでヘアアイロンでのばしていきます。

少しずつ毛束を取ってかけていきます。ウィッグをとかす時のように毛先から当てて徐々に根本の方へ移動させていきます。とりあえず下から上に手を加えていけば良いと思っています。

 

途中経過はこんな感じ。

若干のびてるな!良しとしよう!

この調子で左側も進めていきます。全体が伸びたような気がしたら毛量を少し減らします。金糸雀はそこまでボリュームはいらないと思うのでドリルを小さめにするためにすきバサミでがっといきましょう。

毛先が多少ぼさぼさでも巻いてボンドで固めるのでそこまで気にしません。

少し短くもしています。カットし終わりましたら、一度自分で被って分け目を決めます。きつく真横に引っ張ると下のネットが見えてしまうのでゆったりめに分けます。また、リアルだと分け目は真っ二つにしたほうがキレイですが、今回はまばらにわけています。

 

ここで分けた毛束を持ちつつそっと頭から外しマネキンに被せます。そのまま根元付近をゴムでキツめに縛ります。紐状のゴムを使ってこれでもかッッてな気持ちでやりましょう。

あとでゴムを隠すための少量の毛を取っておきます。

 

縛れました。

ここからが本番です。ドリル状に巻いていきます。

が、

集中していたら写真を撮るのを忘れていました。ので大事な過程の途中経過写真なしです。すみません

 

①ウィッグと同色の針金を用意します。

東急ハンズで何色かの針金が売っていました。太さは忘れたんですけどすみません細すぎるとへにょってしまうので、そこそこしっかりしているものを選びました。ただし、手で簡単に曲げれてハサミで切れるものです。

②針金をツインテール分よりも数センチ長めに切ってから先端をフック状に曲げ、画像のようにぶっ刺します。

画像はフックが正面にきていますが実際は目立たないように内側に出しています。ゴムにひっかけて、針金の芯入りツインテールを作ります。先端からも針金が見えないように毛先から1センチ短めのところで切っちゃいます。

③毛先がまとまるよう生ゴムで縛ります。自分は手元になくて黒色でやってしまいましたが透明なものが1番良いです。

④ちょうどいい感じの筒を用意する。

ネットで調べたときはトイレットペーパーとかラップの芯がでてきました。芯に巻きつけてドリルにしていくのでなるべく細いほうが良いと思い私はそこらへんにあったクリアファイルとテープで代用しました。ファイルの溶接部分を切り落として細めに巻いてテープでぐるぐる巻きにして終わりです。

⑤水溶きボンドを用意する。

有名なこれです。カップかなにかにおしげもなくボンドを流し込みます。多分30gくらい?でしょうか。そこに水を少しずつ溶かしながら加えていきます。少しとろみがある程度の液状になれば大丈夫です。1:1か若干水の割合が少ないくらいだったと思います。全てにおいて適当です。 

⑥水溶きボンドを思い切って手にとってツインテールに揉み込みます。

手がべったべたになりますが我慢です。内側まで染み込みよう揉み込み、塗り込みます。このとき白っぽくなったり表面の毛がぐちゃぐちゃになったりしますが、それも気にしません。乾けば透明になりますし、遠目に見れば表面の毛もあまり主張しないです。

⑦④で作った筒に毛を巻き付けていきます。(やっと写真が!)

中の針金が外に飛び出さないように形を整えていきます。

 

巻いていく途中でフックの向きが変わって飛び出てきました。が、ゴムを隠す毛束が残っているので、ここにもボンドをつけて上から巻き付けていきます。

できました!針金にうまく癖をつけないと巻きが戻りそうになるのでピンなどで筒と毛先を留めています。

巻いた形が気に入らなっかたりして、何度か巻き直しています。一応その度に追いボンドしています。

この状態で半日から一日放置してボンドが固まるのを待ちます。

 

 

 

 

そして・・・筒が・・・・

 

 

 

 

抜けた〜〜〜〜〜!!!!!歓喜!!!!

筒はドリルと同じ方向に回転させながらゆっくり上に抜いていきます。

終わった・・・疲れた・・・・・

 

 

 

そんなこんなで前髪を整えつつ(省略)イベントでのお写真がこちら。

小さめのツインドリルが出来て良かったです。横の毛はもうちょっと修正が必要なのでまた直していく予定です。

長くなりましたがこれで終わりです。ご精読ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です